Object

武田国信筆短冊

Keio Object Hub
人物
年代
制作年 AC15
タイトル
タケダクニノブヒツタンザク
コレクション
所管
斯道文庫 キャンパス 三田
資料番号
AW-CEN-000967-0000
ライセンス
CC BY 画像ライセンス
クレジット表記
慶應義塾ミュージアム・コモンズ(センチュリー赤尾コレクション)
URL
基本分類
美術
AIタグ
スマイル 工場 あご

武田国信〈たけだくにのぶ・?-1491〉は、室町時代後期の守護大名。若狭国(福井県)小浜を拠点にしていた甲斐武田氏の分流の祖、信繁(のぶしげ)の子。宗勲(そうくん)と号した。八代将軍足利義政に仕え、安芸国(広島県)佐伯郡を与えられる。応仁の乱では細川勝元側について戦い、戦功をあげた。国信は歌道を能くし、彼の詠歌は『新千載和歌集』『新撰菟玖波集』に収められている。国信の書は飛鳥井雅親(あすかいまさちか)の栄雅(えいが)流の影響を強く受けているようである。実際、雅親は国信の歌道の師であった。落ち着いた、沈着な運筆。料紙は藍と紫の雲紙を用いる。

寄煙恋:むねにだくおもひにぬるむなみださへ 水のけぶりをそへてたつらし宗勲

ライセンスなど

資料番号
AW-CEN-000967-0000
ライセンス
CC BY
クレジット表記
慶應義塾ミュージアム・コモンズ(センチュリー赤尾コレクション)
画像
ライセンス

所管・分類など

所管
斯道文庫
キャンパス 三田
URL
基本分類
美術

グループのオブジェクト

OPEN DATADESIGN

Keio Object Hub では、データのオープン化を進めるだけではなく、オープン・データを活用してどのような体験がデザインできるか、さまざまな試みを行っています。

オブジェクトの詳細

識別情報

タイトル(英題)
Tanzaku by Takeda Kuninobu

物理的特性

重量と数量
員数 1幅

識別情報

タイトル(英題)
Tanzaku by Takeda Kuninobu

物理的特性

重量と数量
員数 1幅